JMD&MT MEDTEC医療機器誌

MEDTEC 医療機器誌 2017 年春/夏号

Issue link: http://dc.cn.ubm-us.com/i/808056

Contents of this Issue

Navigation

Page 31 of 45

出展社ニュース EXHIBITOR NEWS 32 | 2017 年春/夏号 Medtec医療機器 medtecjapan.com 実績豊富な測光・測色技術を医療に  株式会社トプコンテクノハウス(本社: 板橋区)は光を発する機器の評価・測定 を行う計測機器を提供している。計測機 器は光の色や明るさを定量化するもの で、対象となるのは一般向けのテレビや モニター、携帯電話から産業用機器、自 動車(ヘッドライトなど)、医療機器と幅 広い。   医療 機 器 向けで代表的な用 途は手 術用照明(無影灯)の評価だ。手術用照 明では、施術面に影を生じず、発熱を抑 え、適切な光色 が求められる。同社で は、光の分布にムラがないか、明るさ・光 色が適切かどうかを小型・軽量で高速・ 高精度で測定する機器を提供している。 照明メーカーで標準を設けているケース が多く、それに基づいた評価には実際に 病院の手術室の環境 で行うことも多い。  他にも医療機器の モニターの明るさや 色の評価・検査用途と しても活用されている。他の用途のモニ ターに比べて、きめ細かい評価が求めら れており、精度の高い計測器のニーズが 拡大しているという。  また近年、分光法など光技術を生体計 測、低侵襲診断や術中診断に生かそうと いう動きがあり、同社でも注目している。 例えば、皮膚表面の分光測定により、皮 膚科疾患の診断や美容・ヘルスケア用途 での応用が考えられる。  同社は計量法に基づく「光」の認定業 者として照度、光度、分光放射照度の精 度を保証する校正証明書を発行してお り、同社の測定器により精度面でのトレ ーサビリティを確立できる。  今回Medtec Japanには初出展。様々 な業界で信頼性を高めた測光・測色技術 の横展開として、医療分野で様々な可能 性を探ることを目指す。 ■ ブース番号:3412 ■ 株式会社トプコンテクノハウス:www. topcon‑techno.co.jp 海外出願をサポートする知的財産関連サービス  株式会社知財コーポレーション(本社: 新宿区)では、特許翻訳や特許調査、出 願用図面作成、海外出願の取次などの サービスを提供している。  以前、日本企業が外国に特許出願する 場合、国内の特許事務所を通じて外国 の特許事務所に連絡を取るケースが多 かった。海外出願が増え、コスト面から日 本企業が外国の特許事務所に直接コン タクトするケースが増えたことを受け、特 許関連の翻訳ニーズに着目し、翻訳と周 辺の支援サービスを拡充してきた。  日本では特許出願件数は頭打ちだが、 アジア、特に中国では出願件数は増加中 だ。同社では最近「アジア知財出願セン ター」の商標登録を行い、中国を含む東 南アジア各国への出願を一括でサポート するサービスをはじめた。日本企業だけ でなく、アジア進出を考えている海外企 業からも依頼を増やしていきたいという。  また、これまで主な顧客であった電 機・機械メーカーが医療機器に参入する 動きがあり、医療機器専門の技術翻訳に も力を入れている。ロボット関連のベン チャーや大学からもヘルスケア関連で特 許や意匠の知財取得に関心が高まって いるのを感じている。  業界を問わず新製品開発にあたって は、最初から海外進出を見越して海外 特許を取得するケースが増えてきた。ま た、医療機器は最先端技術のかたまりで 特許件数が多く、特許出願に関するコス トを抑えるため、特許事務所に替わる知 的財産関連サービスを利用した海外出 願のメリットは大きくなる。  今回Medtec Japanに初出展し、日中 英の医療機器専門の技術用語検索サー ビスのサンプルCD‑ROMを配布する。翻 訳サービスへの反応や新たなニーズを探 っていきたいという。  また共同出展となる一般社団法人技 術知財経営支援センター(MOT‑IP)は、 技術士、弁理士、中小企業診断士、税理 士などの士業専門家の団体で、国内特 許出願の支援や知財を踏まえた事業化 のコンサルを行っている。 ■ ブース番号:206 ■ 株式会社知財コーポレーション: www.chizai.jp ■ 一般社団法人技術知財経営支援センター: www.mot‑ip.com

Articles in this issue

Links on this page

Archives of this issue

view archives of JMD&MT MEDTEC医療機器誌 - MEDTEC 医療機器誌 2017 年春/夏号