JMD&MT MEDTEC医療機器誌

MEDTEC 医療機器誌 2017 年春/夏号

Issue link: http://dc.cn.ubm-us.com/i/808056

Contents of this Issue

Navigation

Page 3 of 45

編集後記 FROM THE EDITOR 4 | 2017 年春/夏号 Medtec医療機器 medtecjapan.com 発行 UBMジャパン株式会社 Medtec 医療機器誌 〒101‑0044 東京都千代田区鍛冶町1‑8‑3 神田91ビル 雑誌編集 Tel: 03‑5296‑1034 広告販売 Tel: 03‑5296‑1034 Email: medtecjapanmagazine@ubm.com URL: www.medtecjapan.com Medtec 医療機器誌 Facebook公式ファンページ: Medtec 医療機器 twitterアカウント:jmdmt 編集責任者 Hiroyuki Sato Hiroyuki.Sato@ubm.com 制作スタッフ Art Director Prakash Barnabas Operations Director Jeff Tade Production Manager Venkat Raman Production Coordinator Venkat Raman 今 春で9回目を迎える展示会 Medtec Japan は過去最多の出展社数 となりそうです。今回も来場者、出展者の皆様に有意義にご活用い ただけることを願っています。 今年9月には新たな取り組みとして、神戸と東京でセミナーを開催します。 このような機会により医療機器の開発に役立てていただける場を多く提供で きるよう努めてまいります。 Medtec媒体では様々な展示会への参加や国内外のニュースを通じての情 報収集、それをもとに企業の方々や専門職の方々への取材を続けています。新 しい技術が開こうとしている新しい医療や生活の可能性に刺激を受ける日々 です。 この3月、今号でも取り上げたテムザック技術 研究所や鳥取県、鳥取大学を 中心とする医工連携の記者発表会にお伺いしました。地域の医学部・病院を 中心とする医工連携では、時には対面的なつながりを生かしてコンパクト、ス ピーディに連携が行われており、製品化しやすいものにコンセプトを絞り迅速 に開発ができるメリットがあることがよくわかりました。特に多くの製品で試作 段階に3Dプリントが活用されていることが印象的でした。同様のお話は最近 多くなっているように思います。今号では3Dプリンティングの幅広い可能性に ついてマテリアライズの取り組 みを取材させていただきました。 新しい技術に関して、個人的にはがんの診断法の研究に期待しています。 この1年でも光技術を応用したもの、尿中や血中のバイオマーカーを利用した ものなど新たな研究に関するニュースがありました。将来的にがんの早期診 断が進み、早期治療によりがんで苦しむ人がいなくなるような日はくるのでし ょうか。光技術については術中診断や簡便な診断・モニタリングへの応用など 活発に研究・開発が続いているようです。 その他、AIの動向も注目されます。診断や治療機器にある種の知能や学習 の機能を入れ、医療者の負担軽減や医療の質の向上を目指そうという取り組 みはよく聞かれるようになりました。またコミュニケーションロボットも含め介 護・福祉分野でも活用が試みられていると思います。 取材を通じて、最先端技術の側面だけでなく開発の理念やビジョン、実現 したい社会のイメージといったものが感じられるのはこの分野ならではかもし れません。それが特に強く感じられるのは、やはり医療者であると同時に開発 にも携わっている方々でしょうか。そういう意味では、今回ご出展いただいて いる臨床工学技士会やIoMT学会といった臨床現場の方々の 医療機器とのコ ラボを目指す活動内容からは学ぶことがとても多いと感じています。企業の方 々への取材では技術的なお話が中 心になりますが、この技術で役に立ちたい という熱い思いや自社の技術への誇りを感じます。このような理念や思いを伝 え、それに応えられるような媒 体を目指したいと考えています。 Medtec媒体は本冊子のほかに、通年はMedtec Online(ウエブサイト)、月 1回のデジタルニュース(メルマガ)で運営しています。取材やご寄稿、広告を 随 時受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。 Medtec 医療機器誌 Managing Editor(編集長) 佐藤寛之 Medtec 医療機器誌〔年2回発行(予定)〕と デジタルニュース(月1回配信)の 無償購読は以下のサイトからお申込下さい。 http://medtecjapan.com/ja/jmdmt̲subscription̲ja Medtec 医療機器誌への広告に関するお問い合わせ Tel: 03‑5296‑1034 Fax: 03‑5296‑1018 E‑mail: medtecjapanmagazine@ubm.com 医療機器誌 発行人は、完全かつ正確な最新情報を収集し本誌に掲載することに尽力していますが、掲載 情報のすべて、あるいはいずれかも完全かつ正確で最新のものとは保証いたしません。発行人 は、情報内容の誤り、脱落などによって、企業、団体などが何らかの損害を被る場合でも、その 誤りなどの発生理由にかかわらず、一切の責任を負いかねますのでその旨、ご了承ください。 なお、誤りに気づかれた際は、どうぞご一報下さい。発行人は、本誌に掲載された広告内容の 正誤については事前確認しておらず、情報掲載の結果、読者が 損害を受けた場合なども責任 を一切負いません。 本誌記事の無断複製・転載を禁じます。 Copyright © 2017, UBM Japan All rights reserved. 発行人への書面許可なく本誌掲載のいかなる記事や写真等のコンテンツ、データなどを、コピ ー・録音・情報保存・情報検索方式などあらゆる手段での無断複製・転載はおやめください。 社内あるいは私的利用、あるいは特定の顧客向けの社内あるいは私的利用の範囲での複写 は、図書館や、英国著作権等管理事業者(90 Tottenham Court Road, London W1P 0LP, UK)により定めれた条項または、Copyright, Designs and Patents Act (UK) 1988に定めれ た条項に従うユーザーに限りUBMが承認いたします。

Articles in this issue

Links on this page

Archives of this issue

view archives of JMD&MT MEDTEC医療機器誌 - MEDTEC 医療機器誌 2017 年春/夏号