JMD&MT MEDTEC医療機器誌

MEDTEC 医療機器誌 2017 年春/夏号

Issue link: http://dc.cn.ubm-us.com/i/808056

Contents of this Issue

Navigation

Page 21 of 45

FEATURE 22 | 2017 年春/夏号 Medtec医療機器 medtecjapan.com また製品や、価格ガイドラインに基づいて設定した「価格 の質」(目標販売価格、標準販売価格、最低販売価格など)に リンクした承認プロセス、多角的・定期的な「価格の質」のモ ニタリング、「価格の質」に連動した営業インセンティブの設 計によって、価格ガイドラインの効果を最大化できるという。 価格管理、市場アクセスの専門コンサル サイモン・クチャーにとって、製薬・医療機器メーカーを中心と するライフサイエンス向けのコンサルが最も大きなプラクティスと なっている。世界各国の医療・保険制度や市場アクセスに通じて おり、それぞれの専門家によるコンサルが強みだ。 医療機器の保険償還価格が、実勢価格を踏まえて見直される という日本の仕組みは、世界的にはかなりユニークだという。ま た、日本では承認されればほぼ保険償還となり償還価格がつく が、世界では保険償還に様々な条件があり価格設定に様々な制 約がつくため、市場アクセスの視点が重要になる。これらの分析 から潜在売上を試算し、海外で販売するのにどれほどの投資を すべきか、どのような体制(自社で売るか、商社を介するかなど) とすべきかなどの海外進出コンサルも行っている。 さらに、同社では保険償還の申請時のコンサルも行っている。 加えて、今回触れなかった卸・ディーラーに対する取引条件の見 直しのコンサルも行っており、日本でも製薬メーカー、医療機器メ ーカー向けのプロジェクトを増やしつつある。医療機器の償還価 格の下落は長期的にかなりのインパクトを持っており、今後の業 界再編を加速させると山城氏は強調する。医療機器メーカーに は危機感をもって価格管理の視点を強化してほしいと締めくくっ た。

Articles in this issue

Links on this page

Archives of this issue

view archives of JMD&MT MEDTEC医療機器誌 - MEDTEC 医療機器誌 2017 年春/夏号