JMD&MT MEDTEC医療機器誌

MEDTEC 医療機器誌 2017 年春/夏号

Issue link: http://dc.cn.ubm-us.com/i/808056

Contents of this Issue

Navigation

Page 18 of 45

FEATURE Medtec Medical Device Magazine Japan 2017 年春/夏号 | 19 実践的な医学教育、手技トレーニング のためにシミュレーションセンターを設置 する大学や病院は増えており、重要性の 認識が高まっていることから、シミュレー タを拡充する動きもある。また最近は、医 療機関だけでなく、病院を模擬した医療 研修施設を設置する医療機器メーカーや 公的機関も増えてきた。「シミュレータロ ボットを教育と開発のプラットフォームと して活用していただきたい」と代表取締 役社長の檜山康明氏。 世界の医療シミュレータ市場では北 米が50%以上と最大のシェアを占めてい る。欧州やアジアでも成長が見込まれ、日 本市場、世界市場ともに年率20%を超え る成長率が想定されている。同社では海 外展開、海外連携にも可能性を感じてい る。 2016年に試作機が完成した立位作業・ 就労支援ロボット(左写真)等福祉向けロ ボットの開発も地域の医工連携によって 進めている。大学病院や地域の医療機関 の他、国立米子工業高等専門学校、地元 企業と開発協力も行っており、地元の金 融機関の協力を得て資金調達している。 技術者の人材不足が課題だったが、Uタ ーンにより人材も集まりはじめた。鳥取を 含む山陰エリアの力を結集して新たな医 療・福祉機器開発の拠点となることを目指 している。 ■ ブース番号:3103 ■ 株式会社テムザック技術研究所: www.tmsuk‑rd.jp 2015年6月米子市旗ヶ崎地区に完成したテムザック 技術研究所の新社屋

Articles in this issue

Links on this page

Archives of this issue

view archives of JMD&MT MEDTEC医療機器誌 - MEDTEC 医療機器誌 2017 年春/夏号