JMD&MT MEDTEC医療機器誌

MEDTEC 医療機器誌 2014 年秋/冬号

Issue link: http://dc.cn.ubm-us.com/i/383785

Contents of this Issue

Navigation

Page 5 of 39

6 | 2014 年秋/冬号 MEDTEC医療機器 medtecjapan.com 特集記事 FEATURE 特集記事 200 8年より毎年、医療 機 器設計・製 造に関する展示会・セミナー「MEDTEC Japan」には過去最高の出展社数・来場 者数を更新してきた。 そこで、来年はMEDTEC Japanだけ でなく、グループ会社と合同で、医療機 器のみならず、医薬品に関する展示会を 一堂に会すことで、ライフサイエンスに関 する大規模なイベントを開催することに 決定した。 本インタビューでは、主催社であるグル ープ会社のクリストファー・イヴ社長に新し く誕生する「ジャパン ライフサイエンス ウ ィーク 2015」の狙いや見どころについて 聞いた。(聞き手: 「MEDTEC医療機器」 編集部) 「MEDTEC医療機器」誌(以下、 MJM):来年は、MEDTEC Japanや CPhI Japanをさらに拡大させ、大々的に 「ジャパンライフサイエンスウィーク」とし て開催されます。大規模開催に踏み切っ た経緯について聞かせて下さい。 クリストファー・イヴ 社長( 以 下、イ ヴ 社長):過去2回、グループ傘下の 内、MEDTEC JapanとCPhI Japanを 東京ビッグサイトで共同開催し、予想以上 に、医療機器と医薬の両業界の間に生じ た相乗効果を体感しました。 そこで、われわれが他にも主催してい る医療に関する各種展示会を一堂に会 し、ライフサイエンス産業にむけた包括的 な国際展示会を開くことにしました。 一体化することで、このイベント1つに 参加すれば、ライフサイエンス関連の研 究・開発・製造に関する情報が一挙に入 手できる、そのような画期的な場を創出 できると確信しています。 MJM:ひと言で「ライフサイエンス」と いっても非常に広範囲ですが、どのような 展示会を開催されるのでしょうか? イヴ社長:全部で11の専門展示会の開 催を予定しています。 医薬品部門からは、CPhI Japan 2015 (国際 医薬品原料・中間体展)、I C S E Japan 2015(製薬業界受託サービスエ キスポ)、P‑MEC Japan 2015(原薬・中 間体 機器/装置展)、BioPh Japan 2015 (バイオファーマジャパン)、I n n o p a c k Japan 2015(DDS・パッケージングイノベ Japan Life Science Week 2015 ジャパンライフサイエンス ウィーク開催に向けて 2015年4月22日(水)から24日(金)に東京ビッグサイトで、日本最大の ライフサイエンス総合展が開催される。医療、福祉、臨床検査、そして 医療品開発という幅広い範囲にわたる11の専門展示会が同時開催さ れる。主催社の社長に、ライフサイエンスに関連する最大規模の展示 会を開催することに決定した経緯や見どころなどを聞いた。 主催社UBMジャパン株式会社 代表取締役クリストファー・イブ社長インタビュー

Articles in this issue

Links on this page

Archives of this issue

view archives of JMD&MT MEDTEC医療機器誌 - MEDTEC 医療機器誌 2014 年秋/冬号