JMD&MT MEDTEC医療機器誌

MEDTEC 医療機器誌 2014 年秋/冬号

Issue link: http://dc.cn.ubm-us.com/i/383785

Contents of this Issue

Navigation

Page 29 of 39

30 | 2014 年秋/冬号 MEDTEC医療機器 medtecjapan.com NEWS 製品&サービスニュース 歯科用インプラント(人工歯根)等の 輸入販売を行うストローマン・ジャパン株 式会社は同社のデジタルソリューション のひとつである「Straumann CARES CADCAM」から最新バージョンのソフトウ ェア「Straumann CARES Visual 8.0」 を発売開始した。 デジタル化が進み、歯科用CAD/CAM でも多様化が進んでいるが、今回バージ ョンアップした本製品はversion7.0から 搭載されたDental Wing社製プラットフォ ームのさらなる進化で柔軟性が向上して いる。 また、オープンプラットフォームである 事により、ユーザーが幅広い出力先の選 択をすることが可能になっており、その汎 用性を広げている。 より効率的なデジタルワークフローが 実現され、同時にマテリアルが追加される ことで、ストローマン社製の適合精度の 高い修復物の適用の幅が広がっている。 ストローマンは本社をスイスのバーゼ ルに置く、インプラント歯科、修復歯科お よび口腔組織再生における最先端の技術 と製品を提供している。 同社は世界の主要なクリニック、研究 機関、大学と連携して、歯の置換・修復・ 再生を目的とした歯科修復ソリューション のためのデンタルインプラント、インスツ ルメント、補綴物や口腔組織再生製品の 研究、開発、製造に従事している。 ストローマンの 従業 員数は世界で 約 2 3 0 0人、幅 広いネットワークを通し て 7 0カ国以上で製 品とサービ スを展 開している。ストローマン・ジャパン社 は、Straumann CARES Visual 8.0の 販売を中心に、歯科治療のデジタル化 への取り組みをさらに進め、Straumann CARESデジタルソリューションの拡充を 目指している。 ストローマン・ジャパン株式会社 www.straumann.jp 高い柔軟性と精度を備えた歯科 用CAD/CAMソフトウェア 生化学・免疫検査統合型の自動 分析装置 ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 は、大規模病院及び検査センター向けに 生化学・免疫検査統合型の自動分析装置 「コバス8000」を発売開始した。 高速分注システムや独自のラック搬送 システムによる迅速で効率的な検査、お よびIDタグによる試薬の品質管理など、 検査室のプロセス改善をさらに追求した システム。 本装置はラック搬送システム「8000コ ア」、生化学分析モジュール「c702」およ び「c502」、そして免疫分析モジュール 「e602」で構成されている。 各分析モジュールは検査室の規模に合 わせた組み合わせが可能で、29通りから 選ぶことができる。1台のプラットフォーム で生化学と免疫検査の幅広い測定に対 応できる。 ラック搬送システム「8000コア」には、 検体ラック待機用バッファーを設置。検査 数が多い大規模病院などで起こり得るラ ック渋滞時の追い越しや緊急検体の割り 込みなどの制御が可能で、TATの短縮化 につながり、検査業務の効率化や迅速な 診療前検査に寄与するという。 生化学モジュール「c702」は、当社が 販売している生化学モジュールの中で最 も処理能力が高い機種となり、高速分注 システムによる1時間あたり最大2000テ ストが可能となる。さらに、試薬にはコバ スシステムの特徴でもあるIDタグ付き1 項目1カートリッジの包装ツ態を継続採用 し、測定項目・ロット・有効期限だけでなく 開封日や残測定回数の情報を自動的に 管理することで、検査データの品質保持 を目指すという。 ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社 www.roche‑diagnostics.jp

Articles in this issue

Links on this page

Archives of this issue

view archives of JMD&MT MEDTEC医療機器誌 - MEDTEC 医療機器誌 2014 年秋/冬号