JMD&MT MEDTEC医療機器誌

MEDTEC 医療機器誌 2014 年秋/冬号

Issue link: http://dc.cn.ubm-us.com/i/383785

Contents of this Issue

Navigation

Page 11 of 39

12 | 2014 年秋/冬号 MEDTEC医療機器 medtecjapan.com 特集記事 FEATURE 特集記事 Image: TechInsights ひ と つ の 興 味 深 い 参 入 は Qualcomm(クアルコム)の完全 子会社であるQualcomm Life社であり、 ユーザーの健康管理を可能とする2net Platform and Hubを提供している。 これはメディカルデバイスがクラウド経 由でサービスプロバイダーに接続できる ように設計されている。 T e c h I n s i g h t sの T e a r d o w n. c o m (www.teardown.com)は2net Hubの中 を観察し、FDAリストのスタンドアローン デバイスがメディカルセンサーから情報を 収集し、ゲートウェイとしてどのように動 作するかを検証してみた。 詳細なティアダウン( 分解)調査は Teadown.comのQualcomm Life 2net Hub.レポートを参照されたい。 クアルコムのLife 2net Hub 2012年11月に発表されたQualcomm Life 2net Hubは、コンパクトplug‑and‑ play 接続ゲートウェイでメディカルデバイ スが自宅やオフィス内外でマシン・トゥ・マ シン(M2M)接続ができるようにした。 この機器はバイオメトリックセンサーや メディカルデバイスからデータを収集する ために複数のショートレンジ無線をもって いる。そのデータを更にWANセルラーモ ジュール経由で2net Platformのクラウド ベースデータサーバーに送っている。 このHubは、多種のメディカルセンサー がワイヤレスで接続できるようになってお り、それらの情報はクラウドに転送される ようになっている。 さらに、Bluetooth、Bluetooth Low  Energy、 WiFi、ANT+等の多種類のプロ トコルをサポートしている。またメディカ ルデバイスのContinuaプロトコルにも適 合しているため多数のセンサーとのコミュ ニケーションがシームレスにできる。 サードパーティー(第三者)プロバイダ ーは記憶された情報にアクセスしモニタ ーされた状態を観察考察できるように多 種にわたるアプリケーションやサービスを 提供する。 TechInsights社は、最近この製品のテ ィアダウンを実施しデバイスの中を紹介 しており、コンポーネントの観察・検証や 関連するサプライヤー情報からテクノロジ ートレンドの特定や改善点を観ることが できる。 画像1に、フルにアッセンブルされた 2net Hubを示す。壁にプラグインできる 環境に合わせた控えめなおとなしい設計 となっており従来のプラグインパワーサプ ライのようになっている。 サイズは、95mm x 65mm x 30mm (HxWxD)で約136グラム(4.6オンス)の 重量である。 画像2は、2net Hubをディスアッセンブ ルしたものである。 プライマリーのメカニカルエレメントと2 枚の回路基板(メインボードと電源ボード) があり、これらがコアである。 画像3は、メインボードの片面でプライマ リー・ファンクション・システムになっている。 クア ルコム 提 供 の 2 n e t Hubに関する考察 A Look Inside Qualcomm s 2net Hub 増え続けているメディカル製品はʡコネクト(connected) ʠできるように設計 されている。センシングデバイスは瞬時に計測結果を作りローカルに読める ようにするが、更にその情報を記憶し次段の他のデバイスや評価システム に転送されることもある。この傾向はテレコミュニケーション企業やコンポー ネントサプライヤー等の伝統的な医療関連企業でない企業がメディカル市 場に参入することを導いている。 By: William Betten 画像1:Qualcomm Life 2net Hub

Articles in this issue

Links on this page

Archives of this issue

view archives of JMD&MT MEDTEC医療機器誌 - MEDTEC 医療機器誌 2014 年秋/冬号